渋谷で働く営業本部長のブログ

渋谷で働く営業本部長のブログ

映画「仮面病棟」のあらすじと感想(ネタバレあり)

f:id:ss17935:20200330230851j:plain

 

予告編で面白そうだったので観に行ってきました。

 

仮面病棟

 

 

 

キャスト

 

速水秀梧(坂口健太郎):見習い外科医

川崎瞳役(永野芽郁):ピエロの男に撃たれる女子大生

東野良子(江口のりこ):田所病院に勤務する看護婦

佐々木香(内田理央):田所病院に勤務する看護婦

田所三郎(高嶋政伸):田所病院の医院長

小堺司(大谷亮平):田所病院に務める速水の先輩医師

国平義央(小野武彦):元内閣総理大臣

 

ストーリー

 

医師の速水は三ヶ月前に恋人の菜緒をプロポーズ直前に交通事故で亡くし、心に深い傷を負っていました。

速水の先輩で奈緒の兄である小堺の紹介で、速水は一夜限りの当直のアルバイトをすることになりました。

事故以降、医療現場から遠ざかっていた速水を小堺が何とか立ち直らせようと考えていたのでした。

アルバイト先は精神科病院を改装した療養型病院の田所病院で、患者の大半は高齢者でした。

寝たきりの患者が多い田所病院ですが、急変するような患者がいないのも事実で、速水の職場復帰には最適な場所でした。

速水と一緒に宿直を担当するのは、ベテラン看護師の東野と寿退職直前の佐々木の二人でした。

緩やかな時間が流れる宿直室でウトウトしていた速水は、突然の内線電話で起こされました。

慌てた様子の東野が速水を呼んだのは、患者がいる三階や四階ではなく、なぜか一階でした。

速水が一階に向かうと、そこには腹部から出血している女性、川崎瞳の姿があり、驚く速水の前に拳銃を構えたピエロの仮面をかぶった男が現れました。

ピエロ仮面の男はコンビニ強盗を働き、その場に居合わせた瞳を撃って田所病院に逃げ込んできたのでした。

ピエロ仮面の男は「籠城する」と宣言し、速水に瞳の治療を命じました。

この病院にはまともな設備もないと聞かされていた速水ですが、緊急を要する事態のために瞳を手術室に運ぶと、その手術室には意外な程に最新の設備が揃っていました。

瞳の治療を終えると、隠れていた田所院長がピエロ仮面の男に襲い掛かりますが、返り討ちにあってしまいます。

速水達は元精神科病院という建物の特性である鉄格子を利用され、院内に軟禁されてしまいます。

すると突然、佐々木の悲鳴が病院内に響き渡りました。

皆が駆けつけると、そこには胸をナイフで刺された東野が姿がありました。

寝たきりの患者ばかりの病院ということを考えれば、犯人は病院にいる二人かピエロかということになります。

この状況になってもなお、何かを隠し続ける田所院長と佐々木に不信感を抱いた速水と瞳は独断で病院内を調べて回ることにしました。

速水と瞳は手術室で隠し扉を発見します。

そこには見取り図にはないエレベーターがあり、それは院長室と資料保管室のある五階に直接つながっていました。

五階に上がり資料保管室を調べるとさらに隠し扉があり、その中に入ると正体不明の青年が眠っていました。

速水は青年の手術跡とカルテに記載された肝機能の劇的な改善から、田所院長が非合法の臓器移植をしてることを突き留めます。

そこにピエロ仮面の男が現れ、事情の説明求めてきました。

田所院長は多額の口止め料を交渉材料に、速水とピエロ仮面の男に取引を持ち掛けます。

速水は突然表情を変え、この話に乗り気の様子を見せると、瞳は大きなショックを受けました。

その時、多数のパトカーが集まってきて病院を取り囲みました。

ピエロ仮面の男に交渉役を任された速水は独断で食料の差し入れを要求します。

そんな速水の勝手な行動にピエロは怒り拳銃を突き付けますが、院長と佐々木に食料を受け取りに行くように命じました。

食料の受け取りを命じられた院長と佐々木が向かったのは非合法な臓器移植の記録ファイルの隠し場所でした。

警察が突入してきて、このファイルを見られると困るので処分しようとしたのでした。

ファイルを抱えて出てきた二人を速水、瞳、ピエロ仮面の男が待ち構えていました。

全てはピエロ仮面の男が臓器移植に関する情報を探しているとふんだ速水の芝居だったのでした。

その時、警官隊が突入、ファイルを手にしようとした速水はスタンガンで襲われてしまい、そのまま気を失ってしまいました。

朝になり、警官隊に保護された速水は、田所と佐々木、そして、ピエロ仮面の男の射殺体を発見したことを教えられます。

ピエロ仮面の男は理学療法士の宮田でした。

しかし、肝心の川崎瞳の存在は確認されず、それだけが謎に包まれたままでした。

確かに、危険な一夜を共に乗り切った瞳は存在していたのに、本人も遺体も確認されず、脱出した形跡もありません。

そもそも人質の瞳がそんなことをする必要がないハズです。

その時、警察で聞かされた病院関係者三名とピエロ仮面の男の遺体、そして患者全員の無事が確認という言葉が速水の脳裏に蘇ります。

川崎瞳とは川崎で発見された身元不明の川崎13(語呂合わせでヒトミ)だったのではないかという考えが浮かびます。

瞳が川崎13という患者であれば、確かに警察の捜査結果とピタリと符合します。

瞳の腹部の銃創も臓器を摘出された手術跡を隠すためのことだった可能性があります。

速水は急ぎ、自分にアルバイトを紹介した小堺の元へ走ります。

臓器移植には小堺も関わっていた可能性が高いのです。

調布の病院にたどり着いたとき、速水は瞳によって刺殺された小堺を発見しました。

その場にいた瞳は、自分と共に事故に遭い意識不明になった姉のことを話し始めました。

その姉が身元不明者扱いとなって田所病院で臓器移植手術の提供者に仕立て上げられたこと、そして姉は帰らぬ人になったことを。

瞳は寝たきりの意識不明者を装いながら、理学療法士の宮田を抱き込んで今回の一件を起こしたのでした。

立ちすくむ速水を置いて立ち去る瞳が目指したのは、姉の臓器を得て政界の表舞台に戻ってきた国平元総理大臣の演説会場でした。

瞳はバッグに拳銃を潜めて国平に近づきますが、その演説会場にあるオーロラビジョンに速水の姿を発見して動きが止まります。

速水は田所病院の不正な臓器移植を告発し、テレビカメラを通して瞳に向かってもう恨みや憎しみで動くことは止めるようにと涙ながらに訴えました。

その言葉を受けた瞳は、復讐を完結せずにその場を立ち去ったのでした。

半年後、とある田舎の病院で働く速水の元に、瞳に渡したお守りを持った子供が現れ、瞳を追いかけますが、瞳の姿は見当たりませんでした。

 

感想

 

とある病院にピエロの仮面をしたコンビニ強盗が、自分が撃った女子大生を連れてきて籠城します。

自分で撃った女子大生をなぜ病院に連れて来たのか、なぜ逃げずに病院へ籠城するのか、よく考えればピエロ仮面の行動は最初から理解できません。

その後の ピエロ仮面の行動から、病院内で何かを探していることは明らかです。

不正の内容自体は非合法の臓器移植で、ありがちでしたが、それにちなんだ今回の犯人はなかなか捻ってあって、予想外でした。

(川崎瞳が一枚噛んでいいるのは容易に推測できましたが、ピエロ仮面はてっきり小堺医師だと思っていました。)

そして川崎瞳の動機と現場から見つからなかったトリックも予想外でした。

原作は読んでいませんが、推理モノとしては、なかなか良い出来、子供時代に江戸川乱歩にハマった時の気持ちを思い出させてもらいました。

 

↓ ランキングに参加しています。よろしければポチッとして下さい。

↓ この記事が気に入ったらリツィートをお願いします。