渋谷で働く営業本部長のブログ

渋谷で働く営業本部長のブログ

映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」のあらすじと感想(ネタバレあり)

f:id:ss17935:20190813105826j:plain

 

映画「ワイルド・スピード スーパーコンボ」を観に行くにあたり、ワイルド・スピードシリーズを観返してみました。

 

今回はこちら。

ワイルド・スピード ICE BREAK

 

 

 

 

キャスト

ドミニク・トレット / ドム(ヴィン・ディーゼル):

高度なドライビングテクニックを持つ、ファミリーのリーダー

レティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス):

ドミニクの幼馴染で、妻

ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン):

休職中のアメリカ外交保安部の捜査官

デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム):

元イギリス軍の特殊部隊出身の男性

テズ・パーカー(クリス・リュダクリス・ブリッジス):

頭脳明晰で電子機器系に強いドミニクファミリーの一員

ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン):

お調子者でコメディ担当のドミニクファミリーの一員

ラムジー(ナタリー・エマニュエル):

監視システム「ゴッド・アイ」を開発した天才ハッカー

ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル):

アメリカの秘密機関を取り仕切る謎の人物

エレナ・ネベス(エルタ・パタキー):

元ブラジル女性警察官で現在はホブスの部下、ドミニクの元恋人

サイファー(シャーリーズ・セロン):

天才サイバーテロリスト

 

ストーリー

キューバのハバナでドミニク・トレットは、記憶を取り戻したレティと共に、バカンスを楽しんでいました。

ドミニクの従兄弟フェルナンドが金を返さないので、借金取りのラルドがフェルナンドのボロ車を取り上げようとします。

仲裁したドミニクは、ラルドに 1.6km のレースを持ちかけ、自分の愛車インパラを賭けに使います。

ラルドは「ドミニクはフェルナンドのボロ車を運転すること」を条件にこのレースを受けドミニクは承知し、外装を外して車の軽量化を図り、さらにキューバ産のニトロと、ブライアンの置き土産の秘密加速装置を搭載しました。

先導のバイク部隊が車道を空けに行き、ドミニクとラルドがスタートしました。

ドミニクはラルドに幅寄せされたので、ニトロで加速してやり返すと、ラルドはバイク部隊に連絡を取り、ドミニクの妨害をさせました。

大幅に遅れを取ったドミニクは、ブライアンの装置で加速しますが、ボンネットが燃え始め炎がフロントガラスを割って視界を阻むので、ドミニクは後退で進みます。

ドミニクが先にゴールしますが、車が爆発しそうだったので、海に車を落としました。

賭けに負けたラルドは、車のキーをドミニクに渡そうとしますが、ドミニクは「尊敬だけで充分」と言い、車のキーを返しました。

ラルドはドミニクの粋なはからいに感動します。

交際が順調なレティは、昼間のカーレースの時に見た親子連れの話をし、ドミニクがどんな父親になるかと話し、それを聞いたドミニクも、そろそろレティと正式に結婚して、家族を持とうかと思い始めます。

そんな矢先、ドミニクの前に金髪女性のサイファーが現れ、「部下になって」と仕事を持ちかけます。

ドミニクは断りますが、スマートフォンのある画像を見せられて、脅しをかけられました。

アメリカ、ロサンゼルスの午前 9 時、DSS(アメリカ外交保安部)の捜査官ルーク・ホブスは、休職中でした。

ホブスは娘の所属するサッカーチームのコーチをして、少女サッカーチームを強く鍛え上げており、まさに試合が始まるところでした。

そこへ外交保安部の上司が現れ、ホブスは電磁パルス砲を奪回するよう命ぜられ、もしできなかったら刑務所行きだと告げられます。

ホブスはドミニクに連絡をし、奪回の手助けを頼みました。

ドイツ、ベルリンに集められたのはドミニクとレティのほかに、おしゃべりの達者なローマン・ピアース、メカが得意なテズ・パーカー、女性ハッカーのラムジーでした。

ホブスも加わり、6人で電磁パルス砲を奪回します。

分散して逃げて、隠れ家に集合という合図を送った後、ホブスの車をドミニクが襲撃し、ドミニクはそのまま、電磁パルス砲を奪って去ります。

ホブスはすぐさま他のメンバーに、ドミニクの裏切りを告げましたが、ホブスをはじめ他のメンバーはにわかには裏切りを信じられません。

何か事情があり、ドミニクが脅されてそのような所業に至ったのではないかと、誰もが思います。

電磁パルス砲を盗んだドミニクは、飛行機の中でサイファーに、ローズという男を紹介され、飛行機はある場所に向かいます。

作戦に失敗したホブスは、囚人服を着て連行され、アメリカ刑務所に収監されます。

刑務所の前で、ミスター・ノーバディと新米のリトル・ノーバディが待ち受けており、新たな作戦を引き受けないかと声をかけましたが、ホブスは拒否し、投獄されます。

向かい側の房に入っていたのは、よりにもよって前回捕まえたデッカード・ショウで

ホブスとデッカードはいがみあい、互いに挑発し合います。

素手だったら負けないと言い合っていると、突然、ホブスの房が開きました。

ホブスは自分が脱走など試みていないと、看守に主張します。

そして、ホブスだけでなく、他者の房も遅れて一斉に開くと。刑務所内は混乱に陥り、そんな中、デッカードが脱獄しようと走り、ホブスはそれを追跡します。

ホブスがデッカードに追いつき、戦おうとした瞬間に、ミスター・ノーバディが「意外と遅かったな」と言い、ホブスを連行しました。

ホブスが連れて行かれた秘密基地には、すでにレティらが揃っており、ドミニクが組んだ相手が、サイバーテロリストのサイファーだと告げられました。

本来はサイファー自身が組織の名称を指すのですが、今回は金髪女性個人がサイファーだとも言われます。

サイファーはローズという男性と組み、何かを企んでいるという情報がもたらされました。

今回はドミニクも含め、サイファーたちを一掃するのが作戦任務ですが、助っ人として「デッカード・ショウ」も一味に加えると、ミスター・ノーバディが告げます。

ホブスたちは嫌がりますが、デッカードは前向きでした。

弟のオーウェンをサイファーが見捨てたという個人的な恨みがあり、なんとしてもサイファーに一矢報いたいのでした。

それを知り、ホブスたちもやむなく手を組むことにしました。

まずはラムジーのゴッド・アイでサイファーたちの居場所を探ると先手が打たれており、世界各地に点が示されました。

ラムジーは逆探知のように、逆にたどれば本物に行きつくと考え配列をたどると、この秘密基地が残り、直後、サイファーとドミニクが入ってきます。

サイファーはデッカードを見て「弟の方が利口ね」と挑発し、ゴッド・アイを持ち去りました。

飛行機の中で、ドミニクはガラス越しにエレナと再会を果たしていました。

エレナは自分の妊娠に気付いた時にレティの生存が判明し、そのままひとりで出産しており、赤ん坊のミドルネームは「マルコス」としましたが、ファーストネームは決めておらず、できれば父親につけてもらいたいと言います。

赤ん坊を見たドミニクは、なんとしてもエレナと赤ん坊を守りたいと思い、常にさげている十字架のペンダントをエレナたちのガラスのところに吊ります。

ホブスたちはデッカードの指摘でニューヨークへ移動しました。

新しい基地には、麻薬の密売人から押収した車が並んでおり、どれでも好きなものを利用していいと言われます。

ローマンは派手なオレンジのスポーツカーを選び、テズは遠隔操作できる陸軍の戦車が気になります。

ニューヨークの街を走っていたドミニクは、エンジンを先に調べさせろと言い、5 分の停車をサイファーに告げました。

サイファーはその間も街の監視カメラを駆使し、ドミニクを監視しますが、少しの間、トラックが停車して死角ができます。

監視カメラの死角をつき、ドミニクはデッカード・ショウとオーウェン・ショウの母マグダレーン・ショウに助けを求めました。

意識不明だったオーウェンが、復活していることも知らせます。

もともと似た者同士のホブスとデッカードは話をしているうちに、意気投合しました。

今回のサイファーの狙いは、国防大臣の車です。

国防大臣は核ミサイルの発射コードを移動させている最中で、前後にも護衛の車が固めています。

サイファーはオートドライブ機能を持つ車をハッキングして遠隔操作し、警護車両を襲わせました。

護衛者はガトリング砲で応戦しますが、サイファーの立体駐車場から雨のように車を降らせる作戦で停車せざるをえなくなります。

そこにドミニクが登場し、改造巨大チェーンソーで車のガソリン口を切り、発煙筒で火をつけるぞと脅し、大臣から核ミサイル発射コードを入れたアタッシェケースを奪いました。

そこへ、ホブスたちの車が到着し、自力で脱出しろと言われたドミニクは、角にある花屋の店舗に突っ込んで回避しました。

メンバーは追跡を開始し、交差点で再びドミニクの車を囲み、四方からケーブルを発射して車を固定しましたが、ドミニクはローマンの車にぶつかって、張られたケーブルを逆に利用して互いの車両をぶつかりあわせました。

ドミニクは車から降り、ケースを持って走って逃げ、デッカードに発砲し、デッカードは死亡します。

その後、レティが横からケースを奪いますが、逃げるレティをドミニクが、威嚇発砲で足止めします。

愛する自分を撃てないと思ったレティは逃げようとしますが、角でローズに待ち伏せされていました。

ローズがレティの額に銃口を突きつけると、ドミニクがローズのこめかみに銃口を突きつけ、結局、ローズがケースを奪い、レティは無事に解放されます。

電磁パルス砲に加え、核ミサイルの発射コードまでもが盗まれました。

サイファーはそれでもドミニクの不始末を指摘し、エレナを目の前で射殺します。

サイファーは、自分の目的が「世界に力を見せつけて、支配すること」だと言い、最後にもう 1 つ盗み出してほしいものを、ドミニクに命令します。

レティは自分と会った相手の監視カメラを見て、サイファーが組んでいる相手がコナー・ローズと知ります。

サイファー経由で情報がたどれなくても、ローズ経由で情報が得られないかと考え、ラムジーに頼み、ラムジーはロシアのウラドビンが怪しいと睨むと、ミスター・ノーバディが「そこにはロシアの基地がある」と言います。

ドミニクはウラドビンの氷の上を、車で走って基地に乗り込みました。

基地からは多数の軍隊が返り討ちにしようとしますが、ドミニクは電磁パルス砲を撃って相手の電力を止め、突破します。

基地に侵入したドミニクは、潜水艦を乗っ取って、ローズと合流しました。

サイファーの目的に気付いたホブスたちも、ロシアの基地に乗り込みます。

ラムジーがサイファーとハッカー対決しますが、サイファーの方が一枚上手でした。

ラムジーはリトル・ノーバディとローマン、テズたちに指示し、潜水艦のチップを取り出せと言います。

しかしロシア語が読めず、どれを取り出せばよいか分からない一同は、手間取っている間にサイファーが核ミサイルの発射ボタンを押し、カウントダウンが始まります。

すんでのところでリトル・ノーバディがチップを取り出し、核ミサイルの発射は止まりましたがサイファーは潜水艦を発進させます。

ドミニクはローズを倒し、車でホブスたちと合流し、外洋に出る前に潜水艦を止めようと、メンバーたちと車で氷上を走ります。

サイファーとローズだけでなく、基地の軍隊からも攻撃を受けますが、派手な色がアダになり、ローマンが攻撃を一手に引き受ける形になりました。

ローマンは氷の下に落ちそうになりますが、テズが戦車で助けます。

サイファーは魚雷を発射し、氷の上にいるメンバーたちを狙いますが、氷の上に出た魚雷を、ホブスが足でどけて基地の軍隊に当てました。

アップトリムで氷の上に潜水艦が浮上し、車を蹴散らそうと熱追尾型の魚雷を打ちますが、ドミニクが車から炎を出して魚雷を引きつけ、回り道して潜水艦に当てました。

ドミニクはその直前に車から脱出します。

その頃、デッカードはサイファーのいる飛行機に忍び込んでいました。

ドミニクが吊るした十字架に、GPS が組みこまれていたのです。

ニューヨークでデッカードが死んだと思わせ、サイファーの裏をかき、デッカードが飛行機に乗り込みドミニクの赤ん坊を奪取する作戦だったのです。

サイファーはデッカードの生存を知り、パラシュートで脱出して逃げます。

後日、ニューヨークに戻った一同は、バーベキューパーティーをしていました。

 

そこへミスター・ノーバディとリトル・ノーバディが現れると、「あの女(サイファー)はアテネに逃げた」と告げました。

ホブスはリトル・ノーバディに復帰を問われますが、娘を見て「ちょっと休みたい」と答えます。

デッカードから赤ん坊を受け取ったドミニクは、堅い握手を交わしました。

赤ん坊をデッカードから受け取ると、ドミニクはレティに紹介します。

赤ん坊のファーストネームは、ブライアンにしました。

 

感想

ブライアンがいなくなってどうなることかと思いきや、スケールアップしてます。

ローマン、テズに加えホブスとデッカードもすっかりレギュラーに定着。

そこにラムジーも加わり、今後はこのファミリーでストーリーが展開していくのでしょう。

前作の SKY(空)から今回は ICE(氷)に舞台をかえてのカーアクションは壮大。

しかも潜水艦まで登場して、そいつと戦うとは。

前作の最後は悲しい感じでしたが、今作はハッピーエンドで、ブライアンロスをしっかり埋めてくれました。

 

↓ ランキングに参加しています。よろしければポチッとして下さい。

にほんブログ村 映画ブログへ